受験生を持つお母さんが気になるのはどのような食材が自分の子供にとって良いのかということですが、ドコサヘキサエン酸をたくさん摂取することで脳内の血流が良くなることが知られているので、マグロや青魚などを積極的に使うことで、受験生の能力を高めることができます。

ドコサヘキサエン酸を含んでいるマグロのレシピとしては、新鮮な場合は丼などにするのが1番おいしいのですが、その他にも赤身の部分を唐揚げにすることもできます。

ドコサヘキサエン酸はサプリメント

マグロの唐揚げレシピの注意点としては揚げすぎないということで、あまり高温の油で揚げすぎてしまうとタンパク質が固まって食感が悪くなるので、なるべく低温の油を使って揚げる必要があります。

またドコサヘキサエン酸は青魚にも豊富に含まれている成分なので、鯖の味噌煮やイワシの梅煮などは受験生の疲労を回復することもできるので、夜遅くまで勉強をするためのスタミナ源になります。

ドコサヘキサエン酸レシピ

ドコサヘキサエン酸はサプリメントとしても入手できるので、気軽に摂取することができます。

サプリメントのおすすめポイントと特徴

日頃から青魚などの食事を心掛けていたとしても、DHAサプリのようなエネルギー量を摂取することは難しいというのが現状です。

栄養補助食品から摂取する方法は最近通販のCMによる効果もあって、注目度がどんどん増しています。DHAの効能を最大限に引き出すようなポイントをきちんとクリアしていれば、多少高額な出費であっても購入していく価値というものは出ていくのです。

体内にある臓器の老化を防いでいくためにも、DHAサプリを検討していくことが大事なのです。
またDHAサプリは直接的に消化酵素に働きかけるような役割を担っており、青魚を焼いて食べたりする以上に効果があります。

たいてい焼いたものは栄養素が失われていくため、基準値を満たしていくことが難しいのがセオリーになっています。そのため栄養を補う意味として、DHAサプリを重用していく必要が生まれていくのです。個々の商品の特徴をよく掴んで、有益な機会にすることが重要です。

DHAサプリがコレステロールを下げる理由

DHAサプリには名前の通りDHAが豊富に含まれているサプリメントです。DHAはドコサヘキサエン酸の略称で、EPA(エイコサペントエン酸)と同様にω‐3脂肪酸という仲間に属しています。このDHAサプリには血中コレステロール値を下げる働きがあると言われていますがどうしてそのような働きを示すのでしょうか。

そのメカニズムに関しては未だ明らかにされていません。

ただDHAが悪玉コレステロールであるLDLの肝臓への取り込みに必要な受容体であるLDLレセプターの活性を上昇させる役割があることが明らかにされています。

そこから推測すると、DHAによってLDLレセプターの活性が上昇し、血中のLDLが盛んに肝臓へと取り込まれるようになり、血中濃度が低下します。

また肝臓に取り込まれたLDLは胆管を通って消化管に排出されるため、体内のコレステロールが減少する方向に作用します。
こういったメカニズムでDHAサプリは効果を示します。