1. TOP
  2. 青魚に多く含まれるDHA・摂取ポイント

青魚に多く含まれるDHA・摂取ポイント

    DHA摂取ポイント

    DHA 青魚

    DHAはイワシやサバなどの青魚に多く含まれている健康成分です。

    不飽和脂肪酸と呼ばれる一種の脂質に分類されるのですが、DHAは摂取しても血中に脂肪となって蓄積されることなく、その反対に血中の中性脂肪やコレステロールを排除するという働きをすることがわかっています。

    血液中の中性脂肪やコレステロールは血液の粘度を高くしますので、増えすぎると血液がドロドロになって流れにくくなり、動脈硬化や血栓などが起こる原因となります。

    ドロドロ血を放置すると、やがて心筋梗塞などといった命にかかわる病気の原因にもなりかねませんので、日頃からDHAを十分に摂取し、血液をサラサラに保つことが大切なのです。

    1日の推奨摂取量は1グラム以上とされていますが、この量を青魚から摂取するには魚を数百グラム程度を食べなければならないことになります。

    もし難しいと感じる場合はサプリメントなどを利用して手軽に摂取することもできますので、自分に合った方法でのDHA摂取を心がけましょう。

    DHA 摂取

    DHA 摂取

    DHAの摂取ポイント

    まず食事でDHAを摂取する場合は、調理方法に気を付けます。

    焼いたり煮たりして熱を加えると一部のDHAが破壊されて、十分な栄養素を取り込めない可能性が高いです。

    刺身などの生魚が理想的ですが、毎日食べられない人は、缶詰で摂取するのがポイントです。

    魚の缶詰にはサバやサンマなどDHAが豊富な食材で作られることが多いです。

    また缶詰には煮汁が入っているので余すところなく体内に吸収されます。

    次にサプリメントを服用する場合は、成分をしっかり確認します。EPAが配合されているサプリメントは、効率良くDHAを吸収できます。

    またサプリメントは毎日服用するものなので、不要な添加物を含まないものを選びます。

    さらにDHAは酸化しやすい性質があります。よってモロヘイヤやブロッコリーなど酸化防止効果がある食べ物と一緒に食べます

    またサプリメントでも、ゴマから抽出されるセサミンなどは酸化防止作用があり、品質維持のためにも重要です。

    DHAの摂取量の目安

    DHA 摂取 目安

    DHAの摂取量の目安
    DHAの摂取量の目安としては、1日1g以上を摂取するのが良いと考えられています。

    勿論大柄の体型の人もいれば、小柄の人もいるので、成人男性の方で1日に2g程度の摂取が目安になります。

    DHAやEPAのサプリメントなどが多数販売されているので、食事だけでは摂取するのが困難に感じる人は、積極的に利用するのが良いです。

    日々食事だけでDHAを摂取するのは、大変なのでサプリメントを使うことで手軽に摂取する事が可能になります。

    他の健康食品や栄養素などでもそうですが、まとめて大量に摂るよりも長い期間毎日少量を定期的に摂取し続けることで、健康に役立てることができます。

    DHAを1日に3g以上摂取すると、血液が固まる作用が低下してしまう危険性があるので、出血しやすくなる可能性が高まるので、多く撮り過ぎないように注意することが重要です。

    体に良い成分でも取りすぎることで健康にマイナスに働く事もあるので、摂取量に注意するのが大切です。

    イヌイット DHA

    イヌイットの食生活と生活習慣病

    イヌイットとは、いわゆるエスキモーと呼ばれる北極圏のツンドラ地帯に住む先住民族のグループのうち、カナダ北部の氷雪地帯に住む先住民族のことです。

    これらイヌイットを含むエスキモーの人たちは、伝統的にアザラシや鯨、白熊などの肉ばかり食べて、野菜などをほとんどとらない食生活をしていました。

    しかし彼らは、肉ばかり食べているにもかかわらず糖尿病、高脂血症、動脈硬化などの生活習慣病に掛かることはほとんどありません。

    それは、彼らが主に生で肉を食べることが、その理由の一つではないかと言われています。

    生肉は、調理した肉よりもビタミンを多く摂取することができるので、野菜が余り摂取できなくてもビタミンなどの摂取が可能だとも言われているのです。

    新田次郎の小説「アラスカ物語」の中にも、北極の探検隊が野菜不足による壊血病で苦しむなか、同行したエスキモーは、生肉を食べるので大丈夫であったというエピソードが描かれています。

    DHAの過剰摂取と注意点

    DHAの過剰摂取と注意点

    DHAとはドコサヘキサエン酸の略で、動脈硬化の予防になったり、コレステロールを下げる効果などさまざまなメリットが報告されています。

    最近では、脳細胞の突起の出現を促進することも言われています。

    そのことから老人性認知症の治療の一環としてつかわれるようになっています。

    しかし、そんなDHAも過剰摂取という注意点はあります。健康志向の方の場合、少なくとも予防のために必要量以上に過剰摂取になりやすいといわれています。

    あえて言うとすればDHAを一日3グラム(3000ミリグラム)以上摂取することで出血がとまらなくなることがあげられます。

    また持病の問題で脳梗塞や心筋梗塞など血栓症予防にワーファリンカリウム薬を日常飲んでおられる方にDHAを併用するとワーファリンカリウムの働きをつよめてしまうことが言われています。

    成分的に有害ではないにしても、注意点は必ずあるものです。

    せっかく体に良いと考え摂取されるのですから、良い効果がでるようにしたいものです。

    \ SNSでシェアしよう! /

    DHAサプリ@DHA・EPA人気サプリランキングの注目記事を受け取ろう

    DHA摂取ポイント

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    DHAサプリ@DHA・EPA人気サプリランキングの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア