DHA EPA 相性

この2種類の脂肪酸はどちらも青魚に含まれるオメガ3系の脂肪酸で、それぞれ体に良い効果を持っています。

これまで行われてきた研究結果によると、DHAは脳や神経に存在し、発達を助ける作用があることがわかっており、脳の発達段階の子供や神経系の病気の予防に適しているということがわかってきています。

DHAとEPAの相性

一方EPAは、血液や血管系の健康に効果的であることがわかっており、血管機能の健康が気になる大人に適しているということができます。

とはいうものの、この2つは両方とも青魚に含まれており、一緒に摂ることが大切であることも考えられています。

現在の研究段階ではDHA単独製剤の研究はほとんどなく、EPAとセットで機能が研究されており、どちらかを摂っていれば両方の機能が補えるかといえばそういうわけではありません。

それぞれが大切な効果を持っているため、両方摂ることが必要になってきます。

DHAサプリの摂取と合わせてEPAを摂ることは青魚を食べることと非常に似ており、相性抜群と言えるでしょう。

EPAサプリとはなんなのか

EPAサプリメントやDHAサプリメントが大変注目されていますが、一体なんなのかと疑問に思う方のためにご紹介していきたいと思います。

EPAサプリメントやDHAサプリメント
DHAというのはドコサヘキサエン酸の略で、EPAサプリメントはエイコサペンタエン酸が含まれています。

これはオメガ3脂肪酸の1つで、多価不飽和脂肪酸の1つだとされています。

EPAサプリメント

主に魚類に豊富に含まれている成分で、DHAは血液中の成分をサラサラにする働きを持ち、EPAは血小板が血管内で固まってしまうことを防いでくれる働きがあります。

そのため、これらの栄養成分は、高血圧やコレステロール値の低減、動脈硬化や脳梗塞などを予防する効果が期待されています。

コレステロールや中性脂肪が蓄積されてしまうと血管を詰まらせてしまうため動脈硬化の原因になってしまいます。

この血栓が心臓などで起こってしまった場合は心筋梗塞を引き起こしてしまう恐れがあります。生活習慣病を改善させるためにサプリメントを利用することがおすすめされています。

DHA 中性脂肪

DHAに中性脂肪を減らす効果があることは科学的に証明されている事実です。

実際に中性脂肪が減ると私たちの生活に多くのメリットがあります。

その一つは、生活習慣病にかかるリスクを減らすことができるということです

中性脂肪が増えると、悪玉コレステロールを増やすことになります。

DHA 中性脂肪

そして血管の壁に悪玉コレステロールが取り込まれてしまい、動脈硬化を引き起こすリスクがますます高くなります。さらにこの症状が進行すると、心臓や脳の血管が完全に詰まってしまうこともあります。

中性脂肪 高血圧

その結果、心筋梗塞や脳梗塞が引き起こされるというわけです。

加えて中性脂肪が増えると高血圧になりやすくなります。

そのためDHAを積極的に取り入れることによって中性脂肪を減らすよう努めるなら、動脈硬化や高血圧といった命に係わる重大な病気から自分を守ることができます。

そしてより一層健康的な生活を楽しむことができるのです。

DHAも摂り過ぎると弊害が生じるため、適正量を守って摂取するようにしましょう。

中性脂肪は生活習慣病の原因の一つ

血中の中性脂肪は、焼肉や揚げ物など脂っこい食事を摂り過ぎることでどんどん増加します。

中性脂肪 生活習慣病

中性脂肪は血液の粘度も増してドロドロの状態へと変化させますので、中性脂肪値が高過ぎるとドロドロ血から動脈硬化などの生活習慣病を引き起こす可能性があります。

中性脂肪値を低下させるためには、食事制限をしたり運動をする必要がありますが、DHAを摂取することも有効とされています。

DHAはイワシなどの青魚に含まれている成分で、不飽和脂肪酸という脂質の一種に分類されます。

魚 サプリメント

肉類などの含まれる油とは異なり、血中の中性脂肪やコレステロールを減少させ、血をサラサラにする効果が認められている健康成分です。

毎日継続的に1グラム以上を摂取することで効果が現れるとされていますので、習慣的な摂取が大切となります。

魚から摂取するにはかなり多くの量を食べなければなりませんが、サプリメントであれば1~2粒で1日に必要な量を簡単に摂ることができますので、魚があまり好きではないという人は利用してみてはいかがでしょうか。

中性脂肪サプリのランキングとしてはdhaサプリが中性脂肪に効果があるといわれており、中性脂肪を減らせるメリットがあるわけですからdhaサプリを効果的にとりたいですね。