1. TOP
  2. DHAの多い食品:マグロの赤身・いわし・秋刀魚・さば

DHAの多い食品:マグロの赤身・いわし・秋刀魚・さば

    DHAの多い食品

    DHA 食品

    DHAは中性脂肪の値を下げたりする効果が期待出来る成分としてよく知られています。

    血液サラサラ

    また血液をサラサラにするだけでなく、血管を若々しくしたり脳の活性化が期待できるものとしても有名です。

    青魚

    DHAが多い食品として有名なのが青い背中の魚、いわゆる青魚です。

    まぐろ・イワシ・サバ・さんま

    まぐろ・イワシやサバ、さんまなど背中の部分が少し青黒い感じがする見た目の魚となっています。

    旬の時期などは脂が乗っていますが、年中市場には出回っているので、それ程購入する事自体は難しくありません。

    しかし、調理法によっては魚油が簡単に落ちてしまうため、思ったほどDHAを摂取できない可能性が出て来ます。

    だから、食材での摂取はとても魅力的ですが、不足している分は他の方法で補う事が重要です。

    そこで便利なのがDHAサプリです。

    これであれば必要な量を簡単に毎日摂取する事ができます。

    だからDHAが多い食品ばかりを食べ続ける必要もないので、食に対して意識し過ぎて程ストレスを感じる必要もなくなります。

    食品から摂るDHAの効果

    DHAとはマグロやイワシ、サバなどに含まれている脂肪酸のことで、様々な健康効果があるとして注目を集めています。

    DHAは不飽和脂肪酸と呼ばれる脂肪酸に分類されます。

    体内で作り出すことができない

    不飽和脂肪酸は体内で作り出すことができない脂肪酸で、肉類に多く含まれる飽和脂肪酸とは逆に血中の脂肪を減らすという作用があることがわかっています。

    肉や揚げ物、洋菓子など飽和脂肪酸を多く含む食品を食べ過ぎると、血中の脂肪やコレステロールが増えて血液がドロドロになり、動脈硬化や心筋梗塞といった恐ろしい病を引き起こす原因になります。

    脂肪とコレステロール減少

    DHAは血中の脂肪とコレステロール減少させ、また赤血球を柔らかくして血液を流れやすくするという働きをしますので、ドロドロ血が原因で起こる病気を防ぐ効果が期待できるのです。

    毎日1g以上のDHAを摂取が望ましいですが、習慣的に魚を食べるのが難しい場合はDHAサプリを利用がおすすめです。

    DHAサプリであれば1粒で簡単に推奨摂取量を摂ることができ、楽に続けることができます。

    dhaを多く含んでいる食品の紹介でした。

    DHAを多く含んでいる食品 マグロ赤身

    DHAとはドコサヘキサエン酸を略した呼び方ですが、食品やサプリメントに表示されていることが多いでしょう。

    DHAを配合したDHAサプリは数あるサプリメントの中でも人気があり、多くの方が利用しています。

    DHAを普段の食生活で補おうと思ったら青魚を食べるといいでしょう。

    特にマグロの赤身にはたっぷり含まれているのでおすすめです。

    マグロ赤みは他の青魚と比べても食べやすいですし、調理の必要がないので手軽に摂取できます。

    一人暮らしであまり自炊をしないという方でも、刺身になっていれば醤油をつけてすぐに食べられます。

    ご飯にも良く合うので、夕飯のおかずとしても最適です。

    マグロの赤身には血液をサラサラにするDHAだけでなく、ビタミンEやタウリン、鉄等の栄養素も含まれています。

    ビタミンE

    ビタミンEには抗酸化作用があり、体内に存在する活性酸素を取り除いてくれます。

    ただ毎日のように刺身を食べるわけにもいきませんから、DHAサプリを併用すると便利です。

    DHAの研究と栄養学の実験

    よくテレビなどで耳にするDHAはドコサヘキサエン酸というのを略したものになります。

    このDHAは魚の油に含まれる不飽和脂肪酸と言うものの一つです。

    なぜ油なのに注目されるかというと不飽和脂肪酸の一つであることも理由です。

    不飽和脂肪酸というと難しく聞こえますが、飽和脂肪酸と対比して考えます。

    飽和脂肪酸はバターなどのことです。

    その違いは常温環境下において固まるか固まらないかということです。不飽和脂肪酸は常温でも液体なのです。

    常温にて液体ですから、体内でも固形化しないので健康に良いというわけです。

    悪玉コレステロール

    また他にも悪玉コレステロールを下げる効果があると研究されていたりします。

    また中性脂肪の低下や動脈硬化の予防など生活習慣病の予防としても抜群の効果があるとDHAにはいわれています。

    しかし、DHAなどが含まれているのは魚が多いのですが魚ばかり食べるというのも難しいことですので不足する分DHAサプリにて補うことをおすすめします。

    DHAを摂るために積極的に青魚を食べてます

    DHAを摂るために積極的にいわしを食べてます
    中性脂肪が気になるので、DHAを意識しています。DHAには中性脂肪値を下げる効果があるだけではなく、血液をサラサラにして血管を若くするなどの効果を期待しているためです。
    手軽に取るためにはいわしなどの青魚を食べると良いと知ったので、いわしを中心に鯖なども食べています。
    いわしは焼いてそのまま食べるほか、梅煮にしたり、健康に良い野菜とお酢も取れるように焼き南蛮漬けにする、つみれにして汁物として食べるなどの工夫をしています。
    DHAを摂るために積極的にさばを食べてます
    DHAはマグロやイワシ、サバなどに含まれている脂肪酸で、色々な健康効果をもつとして注目されている成分です。
    このDHAが多く含まれているさばはサバ缶ブームなどもあって結構家にあるのです。
    さばを料理するとなるとなかなか方ずけやにおいなどが大変という場合でも、サバ缶なら開けるだけで簡単にさくっといただけるのがとても便利です。
    味もおいしく、バリエーションなどを工夫しながら積極的に食べるということをしています!
    DHAを摂るために積極的にまぐろを食べてます
    年齢とともに記憶力が下がってきていると感じ、職場でも資格取得のための勉強もあるので、DHAの必要性を感じていました。
    サプリメントも多く販売されていますが、せっかくなら人工的なものよりも食事から摂取したいと感じており、まぐろをいつも食べるような生活に変えました。
    すぐに効果を感じることは難しいですが、少量でも食べる日数を増やすようにしています。
    DHAは認知症の予防にも効果があるので、今後の事を考えればコツコツと続けることは良いことだと思っています。

    \ SNSでシェアしよう! /

    DHAサプリ@DHA・EPA人気サプリランキングの注目記事を受け取ろう

    DHAの多い食品

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    DHAサプリ@DHA・EPA人気サプリランキングの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア

    Translate »